Pur Baseball Club - ピュール ベースボールクラブ 全日本少年硬式野球連盟

指導方針子どもスポーツにおけるコンディショニングの必要性

小学生高学年から中学生では、成長の度合いにおいて個人差があるということを大人が理解するべきでしょう。さらに、現代の子どもたちの体力を理解した上で指導は行われるべきであると、当クラブでは考えています。  現在の選手の体力レベルがどの程度か、障害を抱えていないか、体調(コンディション)はどうか、などはあまり考えられないまま、練習やトレーニングが行われているケースが多いようです。その結果オーバーユース等により、障害にいたるケースは少なくありません。

当クラブでは、次にあげる項目に注意をしながら子どもたちを指導することが最も重要なポイントであると考えています。

  • 筋力不足(子どもという観点からみた関節の固定力や支える力)
  • 成長期における柔軟性の低下
  • 骨の関節面が柔らかい
  • 内蔵機能の未発達

現代の子どもたちは、生活環境や社会環境の変化によって、成長過程の中で本来備わっていくべき体力要素があまりに刺激されることが少ないために、目に見えない体力要素(体格のよさで隠れた)が未発達のままで育ってきているのが現状です。 この状況を踏まえるのならば、普段の練習の中にそういった刺激要素を取り入れていく必要性があり、「基礎体力練習の延長上で競技練習を行う必要性」があると考えています。

Copyright © Pur Baseball Club All rights reserved.